株式会社エレファンキューブ 〠112-0014 東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル4F ☎ 03-6457-5801

休憩時間の勉強法。アプリで問題集は賢い

お昼休みやちょっとした休憩時間。いわゆる隙間時間と呼ばれる時間に勉強をしたいと思ったら、まずはアプリを活用しましょう。eラーニングはパソコンを開かないとできないわけではありません。手軽にさっと学習開始したいときは、まずは手軽なアプリから始めてみましょう。

休憩時間や隙間時間にアプリで資格の勉強

大人になると勉強時間をたっぷりと確保するのは難しくなるもの。その分、隙間時間の活用や効率の良い学習法には長けてきますよね。何か資格を取りたいと思った時には、効率よくかつ軽い出だしにはぴったりなアプリの活用から始めてみましょう。アプリの良いところは、とりあえずお試し無料のものが非常に多いということ。多くの資格に対応するアプリが存在していて、その多くが最初の部分は無料で体験ができます。

「とりあえずアプリ」にすることで、まずは入り口部分を体験できます。資格勉強にありがちな、通信講座に申し込んだもののほとんど手つかずのまま終わる・・・や、参考書を買ったものの資格の内容に興味が持てなかった・・・を、減らせることでしょう。また、実際に勉強する際も、アプリの方が荷物も少なくてすむので、勉強時間の確保がしやすいこともあります。

私のように、結構多くの本や参考書を積読(買って積まれただけで読んでない本たち)にしてしまうタイプは、無駄を省く意味でもいつも持ち歩いているスマホを活用するところから始めてみましょう。

スペースも時間も最小限で学習できるスマホアプリ

スマホアプリのメリットは何といっても最小限の時間とスペースで学習を進められること。正直パソコンを持ち歩くのも参考書を持ち歩くのも重くておっくうになりがちです。一方スマホであれば、いつも持ち歩いている荷物のひとつですから、余計な荷物は増えませんし、自分のペースでやりたいときに学習を進めることができます。

資格に興味を持った時に、とりあえず始めるものとして、アプリは非常におすすめです。最悪資格に興味がなくなったら消してしまえばいいので、余計なものが増えなくて済みます。今時なミニマリスト的な学習法かもしれませんね。

学習の基本はアウトプット、問題を解いて知識をアウトプット

勉強というとインプット、教科書を読んだり参考書を読んだりして覚えることを重視している人も多いですが、一番知識の定着が図れるのはアウトプットです。資格試験で言えば、問題をとにかくたくさん読んで、解説を理解する・解くコツを覚えること。知識のインプットも問題を解きながら行ってしまえば一石二鳥です。

多くの資格試験の場合、過去問や練習問題が存在しているので、とにかく数解いて、その問題の正解の理由と解くためのコツをどんどん吸収しましょう。アプリを使って毎日10分ずつ問題を解くだけでも、結構な数の問題に触れることができます。とにかく時間があったら一問でも多く解く事。時間を無駄にしない、効率よく学習するという点で、問題集アプリの活用は理にかなっています。

隙間時間にアプリで問題を解こう

ちょっと時間ができたら、アプリでの学習を進めましょう。一番のおすすめは問題を解く事ですが、勿論参考書型のアプリもうまく活用してください。1分でも時間ができたら学習に充てる、そのためのツールとしてアプリを活用しましょう。