株式会社エレファンキューブ 〠112-0014 東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル4F ☎ 03-6457-5801

アプリ学習の弱点。電池切れ対策ベスト3

アプリ学習の弱みは電池切れ

スマホアプリで隙間時間に学習。通勤時間やちょっとした空き時間を有効に使う賢い方法ですが、難点はやはりスマホの電池切れ。アプリを使い続けることで、スマホはどんどん電池を消費します。頻繁に充電できる環境があればよいですが、なければ電池切れが怖いところ。電池が切れてしまえば、スマホは本来の電話やメール機能を失ってしまうので、アプリの使用も控えねばなりません。そういったことを少しでも回避するために、電池切れ対策はできる範囲でしておきましょう。

スマホの電池切れ対策ベスト3

アプリを有効活用するためにも、スマホの電池切れには注意しましょう。ものすごく長持ちするスマホ電池ができる事を祈りつつ、現状のスマホを少しでも活用するために、電池切れ対策をご紹介します。ライフスタイルに合わせて、少しでも荷物が軽く済む方法を選びましょう。

充電ケーブルを持ち歩こう

案外コンセントはそこにある。充電ケーブルを持ち歩きましょう。多少荷物は増えますが、「コンセントを見つけたら充電する」を習慣化していけば、充電上手になれるかも。喫茶店や休憩室で、意外と充電可能です。身近な場所で電気のパワースポットを見つけましょう。

携帯用充電器を持ち歩く

コンセントがなくても充電可能。携帯用充電器を持ち歩きましょう。携帯用充電器も、以前ほどかさばらなくなり、スマホよりも小さいサイズのものも販売されています。充電できる電気の量も結構多いので、うまく活用しましょう。一日外出する時や、スマホをたくさん使う予定がある日は必需品かもしれません!!

スマホ自体の省エネに努めよう

スマホ自体の電池消費量を減らしましょう。使わないときはアプリを終了させておく、なるべく省エネモードで利用するなど、できるだけ電池を減らさないように工夫しましょう。アプリによっては電池使用量が多いものもあります。省エネなアプリに変えることが出来るのであれば、変えてみるなど、使用するアプリを厳選する方法もおすすめです。

電池を気にせずアプリ学習を存分に行えるよう、うまく電池と付き合っていきましょうね。