株式会社エレファンキューブ 〠112-0014 東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル4F ☎ 03-6457-5801

現代では避けられない!?子供の目をブルーライトから守る方法とは?

現在の子どもたちは「デジタルネイティブ」と言われ、生まれたときからパソコンやタブレットといった電子機器とともに生きています。自宅のみならず、教育のICT化により授業中でもパソコンやタブレットを使用する機会が増えてきました。

デジタル機器は便利な一方、そこから発生するブルーライトにより、子どもたちの目に悪影響を与えてしまう恐れもあります。ここでは、ブルーライトから子どもたちの目を守るためにはどのようにすればいいのかまとめていきます。

 

そもそもブルーライトとは

人の目で見れる光の中でもエネルギーが強く、目や体に大きな負担をかける恐れがあるのがブルーライトです。夏になると紫外線が強くなるため対策を行う方も多いかと思われますが、ブルーライトは紫外線に近いエネルギーを持つ光なのです。LEDを使用した照明やディスプレイからはそれが多く発生しているのです。近年、省エネ化の波とともにLEDはますます普及しており、スマホやタブレットのCMなどでも「LED搭載」といった文字を目にする機会も増えました。その分、ブルーライトに接触する機会も増えたということなのです。

 

ブルーライトは子どもの目に大きな負担を

これから成長していく子どもたちの目を守るためにも、ブルーライト対策はしっかりとしたいところです。ブルーライト対策ができるグッズは数多く展開されているため、それらを取り入れてあげるといいかもしれません。
有名なものでいえば、ブルーライトを軽減してくれる眼鏡があります。透明なレンズに度あり、なしを選ぶことができます。しかし子どもですと、慣れない眼鏡を嫌がることもあります。そのような場合には、デジタル機器の画面に直接貼ることができるブルーライト軽減用のシートが便利です。またブルーライトだけでなく目の負担を考えたモニターなども販売されているため、用途や子どもの使いやすさに合った商品を選んであげるといいかもしれません。

 

ブルーライト軽減で子どもたちの健康を守る

ブルーライトによる悪影響は、目だけでなく睡眠などにも影響を与えるといわれています。そのため子どもがデジタル機器を使用する際には、ブルーライトを軽減できるグッズなどを使用し、ブルーライトをあまり浴びないようにしてあげましょう。またデジタル機器の使用の際には休憩を挟むなど、その使用時間を大人が管理し、きちんとケアしていく必要があります。