株式会社エレファンキューブ 〠112-0014 東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル4F ☎ 03-6457-5801

eラーニングを導入した方がいい企業の特徴とは?

eラーニングの導入を検討しているものの、なかなか一歩を踏み出すことができずにいる企業も多いでしょう。今回は、どのような企業がeラーニングを導入するべきなのか、eラーニングと相性がいいのはどういう企業なのかを解説します。

 

このような企業はeラーニングを導入すべき

eラーニングはパソコンやスマートフォンを使用したインターネット上で行うオンライン学習です。そのため、時間や場所を選ばずに個々人の好きなタイミングで学習することができます。例えば、仕事が忙しく、企業研修に参加することが出来ない社員を抱えた企業はeラーニングの導入は正しい選択となり得ます。また、社員教育を徹底させたい企業にとってもeラーニングは効果的です。eラーニングのコンテンツを配信するLMSは学習進捗を管理することが可能なため、企業側が社員の進捗具合を把握出来ます。社員教育の浸透具合を可視化することにも役立つのです。

 

eラーニングを導入する際に注意すべき点

eラーニングを導入すべき企業については先ほど述べた通りです。しかし、ただeラーニングを導入するだけでは効果が薄いでしょう。eラーニングは好きなタイミングで学習することが可能な故に「先延ばしにして結局やらずじまい」といったことが起こり得ます。いくらeラーニングの導入が効果的な企業だとしても、社員がやらなければ意味がありません。そのようなことにならないためにも企業側が社員をeラーニングの学習に促す努力が必要なのです。

 

eラーニングを導入すべきでない企業の特徴

研修において社内外での交流を重視する企業がeラーニングを導入することは、あまりお勧め出来ません。eラーニングでは良くも悪くも独学での環境になるため、研修においては社内外での交流の機会が減ってしまう可能性があります。また、もちろんディスカッションや実技が伴う学習にもeラーニングでは十分に対応することが難しいため、高度な技術を習得させる必要のある企業にとっては導入してもメリットを十分に享受できない可能性があります。あくまでも、知識の習得や確認テストなど、独学で隙間時間で習得できる内容を行う際に利用するツールというイメージです。

 

導入の前に精査を

企業がeラーニングを取り入れる際は、本当にeラーニングを導入すべきなのか、どのような場面で運用しようとしているのかをしっかりと精査する必要があります。eラーニングは企業の特徴を捉えた上で導入するのが理想的だと言えるでしょう。