株式会社エレファンキューブ 〠112-0014 東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル4F ☎ 03-6457-5801

eラーニングのプロが教える!eラーニングに欠かせない「LMS」とは?

eラーニングを実施する上で知っておくべきものの一つに「LMS」があります。このLMSというのは一体何なのでしょうか?LMSはeラーニングのブレーンとも言える存在です。

 

LMSとは?

LMSとはLearning Management Systemの略で、日本語では学習管理システムと呼ばれています。具体的な役割としては、eラーニングで使用する教材の配信やeラーニングでの学習の記録や管理といった役割を果たしており、eラーニングを採用するにあたり非常に重要なシステムになります。eラーニングが成立するために運用や管理を一手に引き受けているのがLMSなのです。

 

管理者と学習者を繋ぐLMS

LMSは管理者と学習者の中間に位置していて橋渡しをします。学習者は、管理者がLMSを通じて配信してくれた課題や教材を受講します。対して管理者は学習者が受講した課題や教材の結果を管理します。この管理者と学習者の登録も「LMS」上で行うことが可能です。これと同様に管理者が学習者に受講させたい教材の登録や削除といったことも行えます。その他にも、受講者の学習履歴を記録しておくことが可能です。いつ誰がどのコンテンツを受講し、どのような結果だったのかということが一目瞭然なのです。それらを基に管理者は新たな課題や教材を学習者に配信することが出来ます。

 

LMSの活用方法

LMSは具体的にどのような状況で活用することができるでしょうか?例えば、社員の研修を行うにあたってeラーニングを導入したとしても、それだけで全てが解決する訳ではありません。通常の集合研修もうまく組み合わせる必要があります。その際、リアルで行う集合研修の参加者登録やテスト結果などの登録など、LMS上で管理することに活用できます。また、LMSの中には社員の役職や職種に応じて必要なスキルや知識を事前に登録して、社員自身がどれくらいのスキルや能力が足りていないかを見ることができ、学習のロードマップとしても活用できるでしょう。

 

LMSでもっと分かる自分の現在地

eラーニングを導入するにあたり必要不可欠なのがLMSですが、利用するLMSによって使用できる機能やシステムは異なります。スマホやPCで言えばOS(オペレーティングシステム)にあたる、まさにeラーニングのブレーンと言える存在のLMS。将来を担う人材育成においての要となります。自社に合った使いやすく発展性のあるLMSを慎重に選ぶことが重要と言えるでしょう。